CLASSIC MALTS SELECTION

一分の隙もない完璧な仕上がり
「スペシャルリリース2017-2018」を発売

2018.05.11

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、ウイスキーファン垂涎の究極のレアモルトシリーズ「スペシャルリリース2017-2018」を発売しました。

スペシャルリリースは、ディアジオ社が所有する著名な蒸留所や既に閉鎖された蒸留所の希少かつ長期熟成、卓越した味わいのウイスキーを、年に一度、数量限定でボトリングするシリーズです。主にカスクストレンクスでボトリングされ、一本一本にシリアル番号が記されたボトルもあります。

ウイスキーオークションに出品されるほど価値あるウイスキーは、ウイスキーコレクターや愛飲家、大切な人への特別なプレゼントにも最適です。

「スペシャルリリース2017-2018」の10商品

「ポート ダンダス52年」は、スペシャルリリースとして発売されるグレーンウイスキーとして4商品目です。今回発売されるシリーズだけでなく、スペシャルリリースの歴史においても、最も長期熟成された注目のウイスキーです。

「コンバルモア32年」はホッグスヘッド樽のリフィルで熟成した、珍しいボトルです。元ボデガのヨーロピアンオークシェリー樽熟成の「ブレア アソール23年 」も同様です。

昨年に続き、今年17回目のリリースとなる「ポート エレン 37年」は、1983年に閉鎖された蒸留所の消えつつある非常に希少なシングルモルトウイスキーであり、最も高額なスペシャルリリースです。しかし、2017年10月に蒸留所再開の計画が発表され、今後の動向が注目されます。

今年で16回目のリリースとなる「ブローラ 34年」は、穏やかさのあるシングルモルトウイスキー。ブローラ蒸留所も2017年10月に蒸留所再開の計画が発表されました。

また、比較的若いモルトとしては、スペイサイドの代表である「グレン エルギン18年 」、北ハイランドの「ティーニニック17年」の2銘柄が登場。もっと頻繁にリリースされるべき上質なシングルモルトウイスキーです。

アイラ島のシングルモルトウイスキーがお好きな方には、珍しいカスクストレンクスの「カリラ18年 アンピーテッド」がこれまでで最も長熟の18年で発売されます。カスクストレンクスの「ラガヴーリン12年」も確かな仕上がりとなっています。

10品目はディアジオ社が保有する、現在稼働中の28の蒸留所の全てのモルトウイスキーをブレンドした、ブレンデッドモルトウイスキー「コレクティヴァム XXVIII」。マスターディスティラーのブレンド技術のショーケースです。

ご購入は全国酒販店、主要百貨店にお問合せ下さい。
数量限定発売のため、在庫なくなり次第終了となります。

スペシャルリリース2017-2018
商品ラインナップ

Port Dundas 52 Year Old Distilled 1964 ポート ダンダス52年 地域/ローランド中央部(シングルグレーン) 
蒸留年:1964年
容量:700ml 
アルコール度数:44.6度 
希望小売価格:95,600円(税別)
スペシャルリリースの歴史上、最も熟成期間が長い製品で、ボトリング数量も最も少ない、カスクストレンクス・シングルグレーンウイスキー。ポートダンダスは、近年、閉鎖されたグレーンウイスキー蒸留所で、スペシャルリリースとしては2回目の発売となります。アメリカンオークホッグスヘッド樽のリフィルに1964年に樽詰め。
2011年にリリースされたポート ダンダス20年と比べると面白いでしょう。世界中でわずか752本の希少なウイスキーです。
Tasting Note
非常にフルーティな軸をもつ、長期熟成グレーンウイスキーの鏡。上品なバーボンと間違えられるほど濃厚で複雑。クリーミー、フルーティ、バニラトフィー感がいっぱい。
ローズゴールド、本当に美しい色!
香り
濃厚なバタースコッチが、一瞬で沢山の果物がのったパイに変わる。フルーツグミ、シロップ漬けのフルーツ、フレッシュなリンゴ、洋ナシ、ピーチやパイナップルの缶詰、ネクタリン、バナナ。バニラトフィーと削ったオークが混ざった香り、肉のような旨味が出てくるが、フレッシュ感はそのまま残る。一滴の水はアーモンドオイルとオークの香りを引き立たせる。
ボディ
ライトからミディアム、少しのオイリーさがある。
味わい
クリーミーなテクスチャー、ライトな甘さ。ハチミツ、ゴールデンシロップ、バターたっぷりの菓子パン。ドライフルーツを贅沢に煮込んだスイーツは、フルーツサラダ、酸味のあるリンゴ、ライム、アプリコット、未熟なマンゴーがバランスを取る。フルーツがスパイスに変わり、鋸で切ったばかりのオークとシナモンが感じられる。加水する必要はないが、加水するとテクスチャーはスムーズになり、味は甘く、フルーツの中心にクリーミーなバニラがある。
フィニッシュ
長く、暖かく、オーク。フルーティさがリンゴの皮、甘い洋ナシでよみがえり、最後はバターとハーブ、桃が残る。

Convalmore 32 Year Old Distilled 1984 コンバルモア 32年 地域/スペイサイド 
蒸留年:1984年
容量:700ml 
アルコール度数:48.2度 
希望小売価格:148,000円(税別)
コンバルモア蒸留所はスペイサイドのダフタウンにかつて存在し、今は閉鎖されています。4回目の限定リリースとなる、カスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。2013年にリリースされたコンバルモア36年と比較すると興味深いです。1984年、アメリカンオークホッグスヘッド樽のリフィルに樽詰めしました。世界中でわずか3,972本のスペシャルリリースです。
Tasting Note
希少で珍しい、長期熟成ウイスキー。繊細さを持ちながら、豊かな深みがある。フルーティ、スパイシー、そしてハーブのような風味が繰り返される。素晴らしいバランスと上品なキャラクターは樽由来のもの。贅沢なアペリティフ向けのモルト。
18金、レッグスが重厚。
香り
円熟したアロマ。ナツメグをかけ、カスタードを詰めた、バターたっぷりのシュークリームのようにソフトで甘い。アーモンドオイルと削ったオーク。若いリンゴ、熟したメロン、スパイスのかかった洋ナシ、オレンジピール、黒糖の甘さが増す。スパイシーな風味のクローブとシナモンのビスケット、砂糖漬けのレモン、隠れていたハーブが次々現れる。水を一滴入れるとワクシーになり、フルーティな香りが抑えられる。
ボディ
ライトからミディアム、スムーズなテクスチャー。
味わい
スムーズで甘く、フルーティ。微かな酸味とオーク由来のスパイスが甘さを調整してくれる。フルーツ中心の味わいで、リンゴとパイ生地、焦がしキャラメルの風味が長く続く。加水すると味わいが少し甘くなり、酸味がさらなる深みに明かりを照らす。フルーツが濃厚になり、フローラルな風味がかすかに現れ、スパイシーなトースト感が香り立つ。
フィニッシュ
暖かいスパイスが長く続く。甘草が、様々なリンゴ(焼く、煮る、生)と暖かいオークに消えていく。

Blair Athol 23 Year Old Distilled 1993 ブレア アソール 23年 地域/ハイランド 
蒸留年:1993年
容量:700ml 
アルコール度数:58.4度 
希望小売価格:48,100円(税別)
パースシャイアのピトロクリーにあるブレア アソール蒸留所の、貴重なカスクストレンクス・シングルモルトウイスキーです。2003年以来のボトリングで、スペシャルリリースとしては初めてのリリース。1993年に樽詰めし、元ボデガヨーロピアンオークシェリー樽で熟成。世界で5,514本限定発売、シリアル番号付き。
Tasting Note
ブレア アソールらしい、芳醇でナッティー、スパイシーなキャラクター。上質な元ボデガ樽での熟成により、リッチでフルーティなモルトになっている。寒い冬に相応しい暖かさがあり、濃厚な甘さを突き抜ける生き生きとしたフルーツとスパイスに複雑さを感じる。
ローズヒップのシロップにマゼンダと青銅の光沢、濃厚なテクスチャーとレッグス。
香り
最初はワインのようで、ドライ。その後ハチミツとピーナッツキャンディーの甘さが飛び出してくる。次にほのかなトフィーやキャラメルが続き、クリームブリュレと焼きバナナが加わる。そしてタラゴンやミント、バターやナッツ、松の実と、複雑なハーブとスパイスのレイヤーが現れる。少し加水をするとよりドライになり、微かにコーヒーが香り立つ。
ボディ
ミディアム~フルボディ、オイリーでリッチ。
味わい
リッチで滑らか、甘くてフルーティ。焦げた香りとスパイシーなオークに甘草が感じられる。シロップとアニシードの風味、レモンゼスト、ナツメグをかけた焼きリンゴの甘さが、一瞬顔を出し、またハーブと暖かみのあるスパイシーさに戻る。加水で甘さが引き立つ。ほろ苦いフルーツとオーク、甘いパプリカ。
フィニッシュ
薫り高くスパイシー。ミントクリームと粉砂糖が薄れ、雨あがりのハーブ畑とソフトなオークスパイス、微かなフレッシュミントと焦がしたオークが長く残る。

Port Ellen 37 Year Old Distilled 1979 ポート エレン 37年 地域/アイラ島 
蒸留年:1979年
容量:700ml 
アルコール度数:51度 
希望小売価格:460,000円(税別)
1983年に閉鎖されたアイラ島のポート エレン蒸留所のシングルモルトウイスキー。2017年10月に蒸留所再開の計画が発表されましたが、閉鎖前の原酒は残りわずかとなり、とても希少で入手困難。スペシャルリリースとして17回目の発売で、昨年同様、熟成期間が最も長い37年熟成。1979年にアメリカンオークホッグスヘッド樽のリフィルとバット樽に樽詰めされた原酒をヴァッティングしました。世界2,988本限定発売、シリアル番号付き。
Tasting Note
エレガントで品格が漂うクラシックなシングルモルトウイスキー。甘いフルーツ、ハチミツ漬けの柑橘、スモーキーさ、暖かいオーク。
深い18金
香り
ライトなのに複雑。ピート、湿った木の皮、焦がしたワックス、レモンソルベ。野花と草刈りをしたばかりの草原になり、土っぽさ、ドライなピートに消えていく。革、スパイスが増し、すべてが木煙に包まれる。一滴の水でスムーズでワクシーになる。アロマキャンドルと微かなシナモン、しっかりしたスモーキーさ、暖かいスパイス、ハチミツ、トロピカルストーンフルーツ。
ボディ
リッチ、ミディアムからヘビー。
味わい
素晴らしくスムーズでオイリー、甘くフルーティ。レモンのような柑橘感の後、薫り高い湿った草、熟した果物、スパイスのかかった桃、そしてスパイシーな燻製された肉。香り同様に土っぽさが現れ、ダークチョコレート、木煙、焦がしたオレンジ、甘い切りたてのリンゴ。イキイキした味わい。一滴の水はスパイシーさを抑え、果樹園、柔らかい甘さとミントを引き出す。
フィニッシュ
スムーズで暖かく、スパイシー、薫り高いピート。ビスケット、新鮮なブドウ、湿った葉、焦がしたオーク。加水するとこれらが強調され、繊細なスモーキーさ、ワクシーな余韻となる。

Brora 34 Year Old Distilled 1982 ブローラ 34年 地域/東ハイランド沿岸 
蒸留年:1982年
容量:700ml 
アルコール度数:51.9度 
希望小売価格:198,000円(税別)
かつてサザーランドの沿岸部にあり、今は閉鎖されたブローラ蒸留所のカスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。スペシャルリリースとして16度目の発売。2017年10月に蒸留所再開の計画が発表されましたが、閉鎖前の原酒は非常に希少となっています。アメリカンオークホグスヘッド樽のリフィルで熟成し、世界で3,000本限定発売。
Tasting Note
求めるものがすべて含まれている、伝説となりうるシングルモルトウイスキー。洗練され、角の取れたブローラ。 ブローラらしいワクシーさとスモーキーさは多少抑えられ、エレガントな味わい。珍しい「花椒」の風味を感じる。
深いゴールド。ゆっくり下りるレッグス。
香り
最初は海のようなミネラル感と海苔。次にワックスのかかったリンゴ、湿った藁、ハニーサックル、微かにオイルが含まれた古布と、春のリンゴ農園の小屋を思わせる。スパイシーさと土っぽさが枯葉の重みを感じさせ、剥きたての樹皮、ターメリック、ナツメグが現れる。さらに麦芽シロップ、僅かなオレンジジュースやパイナップルの缶詰。加水するとワクシー、フローラル、ハーブの風味が現れる。
ボディ
ミディアム
味わい
スタートは甘く、ブローラらしいワクシーさが抑えられている。予想外にシャープで、フルーツ、唐辛子、挽きたての黒胡椒。辛さが弱まるとフルーティなダークチョコレート、ソフトなスモーキーさ、湿ったオーク、リンゴ、アニシードが現れる。そして再度、辛さとフルーティさが増してくる。加水でワクシーさが増し、チョコレート、甘草やドロップ、隠れていたスパイシーな花椒がでてくる。
フィニッシュ
多少のスパイス、ダークチョコレート、麦芽シロップ、アニシードが薄れ、甘くてスパイシーなオーク、未熟なリンゴ、チョコレートに包まれたチェリー、黒胡椒、甘いフルーツが残る。

Glen Elgin 18 Year Old Distilled 1998 グレン エルギン 18年 地域/スペイサイド 
蒸留年:1998年
容量:700ml 
アルコール度数:54.8度 
希望小売価格:36,400円(税別)
偉大なるスペイサイドの蒸留所、グレン エルギンから、スペシャルリリースとして3度目の発売となるカスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。2つのロットの原酒を使用し、一つは青リンゴの風味をもたらすポンべ酵母で発酵させた元ボデガ樽で熟成された原酒、もう一つは通常のセレビシエ酵母を使い、ヨーロピアンオーク樽のリフィルで熟成されたもの。2008年にリリースされた、元ボデガシェリー樽で熟成されたグレン エルギン16年と比べると面白いかもしれません。世界中で5,352本のみのリリース。
Tasting Note
評価が高い洗練されたシングルモルトウイスキー。クラシックなスペイサイドの風味が溢れる魅力的な一杯。フレッシュさに立体的なアロマとフルーツ、程よいスパイス感が層となる。
秋の太陽のような淡い青銅
香り
最初はマイルドで甘く、芳醇。バニラやトフィーが、刈ったばかりの青葉のような香りと入れ替わる。甘さが残り、ナッティー、磨いたオークとホイップクリーム。時間がたつとフレッシュフルーツの香りに変わる。果樹園、干しリンゴと焼きリンゴ、煮込んだ洋ナシとメロン、オレンジ、マンダリン、バナナのフルーツタルト。加水すると花の風味が加わり、フルーティさが残る。
ボディ
ミディアム
味わい
スムーズでとても甘い。爆発するように甘さが舌の上に広がる。ハチミツやハニカム、酸味のあるリンゴ、オークのスパイシーさ、ブラウンシュガー。フルーツが中心で、その端に粉砂糖の甘さとバター、オーク。スパイスが増し、シナモンとクローブ、オレンジピール。加水するとスパイスが抑えられ、クリーム、シャーベット、アーモンド、果樹園、フルーツゼリーの甘さ。
フィニッシュ
ミディアムでドライ。オークのスパイスが消え、微かなブラウンシュガーとアニスが残る。アニスが薄くなり、干しリンゴとスパイスが一瞬戻り、甘いオークの風味に変わる。

Teaninich 17 Year Old Distilled 1999 ティーニニック 17年 地域/ハイランド沿岸 
蒸留年:1999年
容量:700ml 
アルコール度数:55.9度 
希望小売価格:33,300円(税別)
ハイランド沿岸部のティーニニック蒸留所から、スペシャルリリースとして初めて発売されたカスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。1999年にアメリカンオークホッグスヘッド樽のリフィルと、アメリカンスタンダードバレル(ASB)に樽詰めされた原酒を使用。世界で数量限定発売。
Tasting Note
アペリティフとして、又はアジア料理とペアリングをしても良い。様々なものと相性が良く、探求心をくすぐられる。表面的には素直でゼストのようだが、草のような風味と柑橘を上手く融合させた芳醇な甘さが、深みへと導いてくれる。
淡い太陽のようなゴールド
香り
優しくドライ。最初に柑橘系の果物と薫り高いシロップ漬けの洋ナシ、ライチ、マンダリン、レモンシャーベット、ハニーサックル、オーク。その裏側にスパイシーさがあり、シナモン、ナツメグ、キャンディーアップル、青草、もしくはコケ、タルト、アーモンドの風味。数分経つと甘い風味が前に出る。キャンディー、バニラトフィー、クリーミーなファッジは、スパイシーさでバランスが取れる。加水するとより柔らかにファッジが現れる。
ボディ
ミディアム、リッチでスムーズなテクスチャー。
味わい
スパイシーなクリームフォンダンのようなねっとりした甘さ。最初の弾ける柑橘が砂糖漬けの甘さとひとつまみのスパイスに流され、レモンケーキ、ビスケット、オートミールへと次々と転がっていく。微かなグミとレモンゼストが現れる。水を入れるとキャンディーのような甘さが抑えられ、より草のような風味、クリーミーなトフィー、完熟のリンゴ、洋ナシの果樹園が強調される。
フィニッシュ
スパイシーなオーク、白胡椒ひとつまみ、キャンディーの甘さが長く続く。

Caol Ila 18 Year Old カリラ 18年 アンピーテッド 地域/アイラ島 
蒸留年:1998年
容量:700ml 
アルコール度数:59.8度 
希望小売価格:18,000円(税別)
カリラでは、12度目となるアンピーテッド・カスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。1年に1度、1バッチのみ造られる、ブレンデッドウイスキー愛好者向け「ハイランドスタイル」のシングルモルトウイスキーです。アメリカンオークホグスヘッド樽のリフィルで熟成。
Tasting Note
フレッシュで柑橘のよう、刺激的なアペリティフになるカリラ。驚くほどの豊かさ、通常のカリラより力強いフルーティさ。1滴の水を加えると更に素晴らしくなる。
淡いイエローゴールド、ミディアムビーディング。
香り
深く肉厚。最初は酸味のあるレモンゼスト、レモンケーキやレモンソルベ、ハニーサックル、バニラクリームカスタード、トフィー、ハーブ、フルーツ味のチューイングガムに、ソフトなスパイシーさ。しばらくたつとドライなミネラル感、チョークや火打石の様な堅さが加わる。加水すると柔らかくなり、海の香り、松脂と画家のアトリエの香りが現れる。
ボディ
重厚なのにレッグが速い
味わい
煮つめたジャムのような甘さ、ビターレモンのような酸味、塩味の3つの風味が紙一重。所々その風味が柑橘の果樹園、甘い砂糖漬けフルーツ、強烈な塩キャラメルやトフィー。潮風、チャーした樽のスモーキーさ、オーク、黒胡椒、クリーンなフレッシュさが踊るように現れ、消える。最後にフルーティさとスモーキーさが焼き立てのアップルパイのように融合する。水を加えるとフルーツやスパイス、甘草、オレンジゼストが広がり、スパイスにほのかな辛さが現れる。加水すると、これらの風味は柔らかくなり、飲みやすくなる。
フィニッシュ
暖かく、ソフトで長い。バニラとスパイスが入った菓子パン。アニシード、磨いたオーク、甘草、最後に赤いベリーの弾けた風味がスパイス、甘味、オークとともに消えていく。

Lagavulin 12 Year Old ラガヴーリン 12年 地域/アイラ島 容量:700ml 
アルコール度数:56.5度 
希望小売価格:16,000円(税別)
アイラ島の南海岸に位置するラガヴーリン蒸留所から、「ラガヴーリン 12年」として15回目のリリースとなるカスクストレンクス・シングルモルトウイスキー。アメリカンオークホッグスヘッド樽のリフィルで12年以上熟成された原酒を使用。世界で数量限定発売。スペシャルリリースの入門編にふさわしいシングルモルト。
Tasting Note
素直なラガヴーリン。深い味わいの中に、素晴らしい蒸留所の個性が表現されている。ミネラル感がフルーツとピートのレイヤーに溶け込む。美しいほど様々なキャラクターをもつウイスキーで、熟成年数より複雑さがある。
非常に淡いライトゴールド
香り
シンプル、かつ自然でマイルド。クリーンなフレッシュ感。最初に強烈な甘さ、次に青葉と土っぽさ、最後に刺激的なスモーキーさを感じる。甘いスポンジケーキや甘草、石鹸、濡れたウールの後に、砂浜と燃えている松葉とシダ。煙が増し、濃厚な燻製ベーコンと海岸で消された焚火の跡。時間がたつと甘さが爽やかになり、リンゴ、洋ナシ、焼きバナナの香りに替わる。一滴の水が胡椒のような刺激、糸一本分の煙の香りを加える。
ボディ
ライトでスムーズなオイリーさ
味わい
カスクストレンクスでも飲みやすい。甘く芳醇。甘草の一瞬の爆発の後に青葉に切り替わる。舌の中央にゴールデンシロップと燻製した肉、燃える落ち葉。その煙がだんだん甘くスパイシーになり、黒胡椒とシナモン、ナツメグ。最後に乾燥しかけた草の風味がよみがえる。水を加えるとライトさ、甘さ、スモーキーさが強調され、よりミネラル感、フルーティさが感じられる。しっかり加水してもバランスは崩れない。
フィニッシュ
ミディアムな長さで、甘く、スモーキーな余韻が残る。

Collectivum XXVIII コレクティヴァム XXVIII 地域:スペイサイド、アイラ島、アイランズ、
ローランド、ハイランド
容量:700ml 
アルコール度数:57.3度 
希望小売価格:18,500円(税別)
ディアジオ社が所有し、現在稼働中のモルトウイスキー蒸留所、全28か所のモルトウイスキーをヴァッティングした、カスクストレンクス・ブレンデッドモルトウイスキー。スペシャルリリースとして、ノーエイジステートメント(NAS)のウイスキーは4回目のリリース。2014年と2015年に発売したクライヌリッシュのNASや2016年のクラガンモアスペシャルリザーブと比較することをお勧めします。世界数量限定リリース。一生に一度の出会い、類まれなる傑作。
Tasting Note
原酒の組み合わせによる偉大さを感じるウイスキー。本物の深みを感じさせる味わいは、ドライでナッティーから、チョコレートのような芳醇さ、柑橘、甘さまで虹色のよう。一つ一つ選ばれたフレーバーが絶妙なバランスを生み、リフレッシュ感溢れる飲みやすいブレンデッドモルトウイスキーになっている。
淡い、クリアな琥珀色、中ぐらいのビーディング。
香り
マイルドだがアロマはしっかり構成されている。甘く、スパイシー、そしてフルーティ。シャープな青葉と野バラや秋の森の香り。甘いトフィーとバニラのソース。青っぽさがだんだん強くなるが、フルーツキャンディーと焦がしバターが酸味を抑えている。時間がたつとミントトフィーや菓子パン、ハーブが現れる。加水するとすべて開き、ドライになる。キャンディーショップや干しリンゴ、フローラルのようなスペイサイドらしさが出てくる。
ボディ
リッチでまろやか
味わい
甘味、酸味、タンニンのバランスが絶妙。ヘーゼルナッツ、アーモンドに、苦いクルミ、シナモンが加わる。麦芽シロップ、レモンの砂糖漬けのような甘さが後から現れる。アーモンドが柑橘とともに再び現れるが、トフィーやシナモンファッジ、フルーツ入りのダークチョコレートに抑えられる。加水すると爽やかさがもたらされる。滑らかな甘さとスパイシーな苦み、クリーム、すりおろしたリンゴ、ミルクチョコレート、オーク、クローブ、ダークチョコレート。
フィニッシュ
ミディアムな長さ。バターたっぷりのペストリーに、暖かいスパイスと酸味のあるフルーツのレイヤー。オーブンに入れる前のアップルパイ。リンゴの皮と洋ナシ。

ご購入は全国酒販店、主要百貨店にお問合せ下さい。
数量限定発売のため、在庫なくなり次第終了となります。